地域密着フィットネスインストラクターYUKIE

記事一覧(21)

基本なくして応用なし

何においても言えることだと思うのですが、運動指導17年、コンディショニング指導7年目にしてやっぱりそうだと思うこと。基本をとばす方がとても多いということ。これは、トレーニングにおいても、スポーツの指導においても。知識は十二分に兼ね備えているのに、沢山トレーニングや練習をしているのに、思うような結果に結びつかない…または、効果が出ていない。コンディショニングに置き換えて言うと、リセットなくしてアクティブなし。コアトレなくして、体幹トレーニングはなし。最近レッスンでは、リセット×アクティブを徹底しております。アクティブでターゲットに効いていないと感じたら↓↓↓モニタリングで代償している筋肉がないか確認。または、ターゲットとしている筋肉に促通してみる。↓↓↓リセットが必要な場合はリセット→アクティブ効いていないと感じたら促通→アクティブ↓↓↓また、モニタリング目的とした筋肉に正しい反応が感じられているかどうか。ということを繰り返しています。グループレッスンでは、おひとりおひとり見ることが出来ないので、皆さんの感性にヒットするよう、様々な角度からお伝えします。パーソナルレッスンでは、その方のその日の身体に合わせて勧めています。せっかくやるなら、効果的なやり方を!目標目的を持っている方の取り組み方、変化は違います!!!

自分基準

コンディショニングを指導していると、よく痛みのご相談、不調のご相談をお受けします。その度、身体ありきの行動になっていないと感じることが多々あります。スポーツをしている人は、スポーツに身体を合わせる??それでいいのでしょうか??私はそのスポーツ(身体動作)を身体に合わせていくべきと考えます。上手くできないことを力づくでやろうとするから、あちこちから悲鳴が上がるのではないでしょうか??うまく出来るために、1個1個解決していけたらいいんじゃないでしょうか??いっつもここが張るのよね〜って、既に気がついているじゃないですか??それってそのままにしていくと痛みや不調に繋がるんですよ!皆さんは、急に痛くなった。急に動かなくなったって言いますけどね!笑それまでの積み重ねで起こっているわけで…だから、気づく習慣なんです。気がついたらそれをどうすればいいか考える。自分にその手段の引き出しがあれば、それを実践し、そうでなければ、身体の専門家に聞いてみるといい。コンディショニングインストラクターやコンディショニングトレーナーは、皆様の身体を筋肉から身体を分析し、運動処方までをお伝えします。そして、それを続けてみる。続けたら確認してみる。それを取り入れて良くなった⤴︎ ⤴︎変わらない☜ ☞悪くなった⤵︎⤵︎何が基準?それは自分そして、その後の方針を決めていく。身体を経営するのは、皆さん自身。お医者さんでも、治療家でも、運動指導者でもない。情報を取り入れるも取り入れないも、皆さん自身の判断。身体の声に耳を澄まそう!鍛える前に整える整えてから鍛える

信じる

昨日、体育祭練習真っ只中、中総体に向けて部活も延長になっている長女が、膝が痛い〜と言って帰ってきました。何でそうなったの?と聞いても、原因にピンとくるものがないようで…「コンディショニングやってー」と、言うので、ジュニアコンディショニングトレーナーの出番!!!ジュニアコンディショニングトレーナーとは?ジュニアとつきますが、子どものトレーナーではなく、健常な方の身体を筋肉から分析し、リセットにおいて見極め修正が出来る技術を持っていること。また、アクティブにおいて必要な筋肉を特定し働かせることが出来る技術を持っていること。これらを持ち合わせているのが、ジュニアコンディショニングトレーナーです。さて、昨日は娘のモニタリング。リセットは膝・股関節・足首・足指。ガチガチになっていたふくらはぎの内側を徹底してさすり…仕上げに2種類のアクティブ。立って動いてみて!すると長女…「あれ?痛くない!!」まずは、明日の朝まで様子を見よう!ということに。朝…私「膝はどう?」娘「痛くない。」私「コンディショニングって凄いね〜!」娘「コンディショニングも凄いけど、ママも凄いね〜!」私「結果が出た、〇〇の身体もすごいね〜!コンディショニングで変われるかもって思ったでしょ?早く治したいって思ったでしょ??その気持ちが身体を変えたんだよ!」反抗期の娘とこんな会話ができるのもコンディショニングのおかげ❤セルフコンディショニングで結果が出ない…欲しい効果を得られている感じがしない方…ちょっとしたコツとあなただけのオリジナルメニューで、より変化を感じられる身体に!!あなたのためのパーソナルコンディショニングを体験してみませんか??より、詳しく身体を分析し、目標を叶えられる身体に!!身体の可能性は、無限大!自分の可能性を信じよう